Response Official Site

PEACE-MAKER

『THE ODGEの機材自慢』Jazzmaster'61編

こんばんわ。


ギターのTHE ODGEです。


本日は、


『THE ODGEの機材自慢』



オリジナル表示


今日はfender jazzmaster’61を自慢したいと思います。1961年製のマッチングヘッド。ヴィンテージ!!黒いボディーにべっ甲のピックガードが超Cool!!ネックはもちろんモノホンのハカランダ。

とてもよいネックでカッチカチ。


『貴様、ワシは何年このカタチでやってきてると思っているんじゃ!!』って言っている感じ。



オリジナル表示


ネックの握りが最高なんだよね。


どうやら色は塗り替えられてるのかな。定かではありませんが。。。


状態が最高で、アームをバカみたいにこねくり回しても、全然チューニングが狂わない奇跡のギター。


Fuzzを踏むとピックアップをどこにしても、同じような狂った音がして気に入ってます。


このjazzmasterを弾くときは人格が少し変わってエモーショナルになるのだ。こういうギターは珍しいと思っています。


オリジナル表示

Photo by AYANO MOMOKAWA


このギターを初めて見たのは18才の頃。前のオーナー宅で見て、かっこいいギターだなーと思っていた。まさか、僕のもとに来てくれるとは思ってもいなかったな~。


オリジナル表示


今や、ライブにレコーディングに大活躍。Responseの新譜『Feel Mind』では半分以上の曲に登場しているんじゃないかな。「Killing claps」のリフと狂ったアームはこのjazzmasterサウンド。「0to1」のギターソロもこのギター。


暴れたギター、狂ったギターの音色がほしいときは、迷わずこのjazzmasterを手に取る。そして、最大の武器のアームを揺すればもう無敵。


最高のギターです。

オリジナル表示



と、いうことで、



また、いろいろ自慢していきたいと思います。


今回はfender jazzmaster’61を自慢してみました。



次回もお付き合いよろしくお願いします!!



最後まで読んでくれてありがとう。今日はTHE ODGEがブログをお届けしました。





THE ODGE


2014-03-19 03:38:00投稿者 : THE ODGE
この記事のURL コメント(1) nice!  あしあと
1件中   1 - 1 件表示 ( 全 1ページ )
コメント一覧
guest
初めましてっ
このギターの話をバンドメンバーから聞いたのでTHE ODGEさんの名前と一緒に調べたら検索の頭に出てきました笑

THE ODGEさんがこのギター取り出したら狂えるような曲の時だって覚えときますっ
紹介ありがとうございました!
投稿者 にこ   2015-11-03 21:06:20
1件中   1 - 1 件表示 ( 全 1ページ )